あした天気になあれ


by maskanek

優勝の重さ

土曜日はまさに死闘だった。過酷な状況でも諦めなかったチーム全員の勝利です。

今まで取りたくても取れなかった東京都代表の切符。執念で勝ち取ってくれた。

忘れもしない、2年前。ゼルビアがJFLに上がった年の予選。
準決勝で明治大が相手。
試合前、大学生が「おやじには負けられねえな」と話しをしていた。
私は心の中で「学生には絶対負けない」と言葉に出すのをぐっとこらえた。

結果は敗戦。ほんとに悔しかった。
そんな2年前の忘れ物を取り戻した。

ほんとにうれしい優勝です。

今年の決勝の相手専修大学。素晴らしかった。
とてもいいサッカーをしていた。
どちらが勝ってもおかしくない試合だった。

試合はそんな攻守が激しく入れ代わるなか、延長でも決着が着かず、PK戦へ。

延長後半に修行選手が負傷し、かなりやばそうだった。
あのストイックな修行選手にしてふらふらで立つのがやっとの状態。

しかし修行、止めた。
この1本でいい。後はゼルビアのキッカーに任せろ。
それに応えるように、5人の侍がきっちり決めて手に入れた優勝。

うれしい、ほんとうれしかった。

修行選手はすぐに救急車で運ばれたようですが、傷が軽く、早く復帰してくれることを願います。
[PR]
by maskanek | 2011-08-29 10:07 | ゼルビア