あした天気になあれ


by maskanek

心に残る一戦

日曜日、ゼルビアのJリーグ初戦を見に行きました。愛媛は遠かった…

開幕戦の観戦と娘の友達に会いに行く旅行をセットにして計画を立てました。

娘の友達は岡山、ならば逃すてはないと思ったのが始まり。しかし、岡山から愛媛の遠さを甘く見ていた。
岡山から愛媛なんて瀬戸大橋渡ればすぐだぜ、って。

3月4日に出発して、新幹線で岡山へ。娘の機嫌もあるので、新大阪で途中下車。構内でタコ焼きとネギヤキを購入。タコ焼きは娘にすこぶる好評だった。やはり本場は違う…

新大阪からブルーの新幹線(うすい水色)に乗って岡山入りしました。幸先いいね。

そこはファジアーノの国。明日は開幕ホームだぜって。
と、それほど露出があったわけではありませんでした。残念。
夕飯を食べに行ったお寿司屋さんにホーム戦の日程ポスターがあり、ゼルビアとの対戦も!
ああ、Jに上がったんだなと実感しました。(1回目)
しかし、ゼルビア戦は数少ない平日の試合なんですよね〜。

そんなホッコリした気持ちで就寝。娘はピッタリサイズのソファーがお気に入りで、ここで就寝。

いよいよ待ちに待った開幕の日。
相方と娘は友達に会いに行き、私は一路愛媛へ。

特急に乗って2時間30分、結構遠かった。ここからバスで50分。長い旅のゴールはニンジニアスタジアム。
冷静に考えると東京から飛行機で来るのとさほど変わらない。
ここに来てみて遠さを痛感したのでした。

しかし、気分が前向きな遠足は長時間の疲れを忘れさせてくれる。

足早にアウェー側ゴール裏に向かう。そこにはいつものクルバのメンバーがいる。
アウェーでしかゴール裏に行かない私ですが、いつも快く迎え入れてくれる。結構居心地がいい。
開幕戦を心待ちにしていた面々が「ゼルビアを応援する幸せ」をかみしめている。私もその幸せをかみしめることができた。
そんな感覚に包まれながら応援できたことに感謝したい。
温かい連帯感の中、選手にチャットを送れたことに。

多分、新たなスタートの試合だったけど、今までの感謝と、このステージに立てたことへの「おめでとう」を言いに来たんだ、と思えてきた。

真剣勝負の試合なのに、と怒られそうですが…

昨年、浜川で歓喜を味わえなかったから、今回はいいよね。
結果はほろ苦いものになりましたが、まだ慣れてないことを考えるとこれからかなと思えるものでした。

いろんな意味で心に残る一戦でした。

試合終了後、またバスに乗って岡山に戻ったのですが、帰りは岡山行の特急が無く、乗換をしてホテルに着いたのは23時。
ツイートを見たら、飛行機組はもう町田に着いてるじゃんorz

後から聞いた話。岡山の人に言わせると、愛媛は遠い所らしい。

ホーム開幕戦も応援するよ〜
[PR]
by maskanek | 2012-03-07 23:02