あした天気になあれ


by maskanek

J1とJFLの違い

午前中にゼルビアの練習試合を見て、午後に鎌倉支部長と日産スタジアムでマリノス対アントラーズ戦を見に行った。
1年ぶりのJリーグ、やはり観客が多い。特に若い人の多さが目に付く。ゼルビアはファミリーと割と年配の方が多いように思う。もちろん、町田としてファミリーや年配のサポーターは基礎なので重要なのだが、もう少し若者サポーターを増やす努力も必要だと感じた。
若者が多いと応援の勢いが違う。

どうだろう、町田は大学が多いのだから、大学生へのアピールをもっと増やすのは。もしくは大学生に対して学割じゃないですが、1名分の料金で2名入場できるスペシャルチケットを発行するとか。。。

話がそれましたが、まずは、「箱」がやはり素晴らしい。
日産スタジアム、キャパシティについては言うことは無いが、それだけにとどまらない。行ってびっくりしたのが、赤ちゃん休憩室があったこと。
2万人も入場者がいれば、赤子連れの観客もいるわな。(我々も赤子連れだったが。)赤ちゃんを遊ばすスペース、授乳スペース(これは微妙だったが)、オムツ替えスペースなどがあり、10人以上の赤子が遊んでいた。この手の配慮は素晴らしい。

次に、久しぶりに見に行ってびっくりしたのは、試合の最中に審判がファールを取ったときに、電光掲示板に「今のホイッスルはオフサイドでした」と掲示されたこと。この掲示の難しさはあると思いますが、あまりサッカーを知らない人でも分かりやすいのではないだろうか。関心しました。

試合はというと、前半早いうちにマリノスが1点リードして、それから2分くらいですかさずアントラーズが同点にして、前半の20分くらいだったかマリノスが豪快なミドルシュートで2-1とすると、前半はこのまま終了。
後半に入って、アントラーズ有利な感じだが、一進一退の攻防。残り20分くらいからマリノスは守りを固める。
ただ、アントラーズの攻撃のアイデアが無い。まるで前期のゼルビアを見ているみたいだった。マリノスからすると攻撃が怖くない。中盤もしくはDFからロングフィードの投げ込みばかり、さすがにJ1こんな攻撃に対してミスはしない。マリノスがきっちり守りきり、2-1でマリノスの勝利でした。

一応、マリノス側で観戦していたので勝利を味わうことができました。
いや~、実に楽なサッカー観戦でした。ゼルビアだと勝ったとしてもこうはいかない。

最後に、Jリーグのチーム(試合)とJFLの違い、大きくはないのですが、やはり精度の違いでしょうか個人を潰しに行くことがJの試合では少ない気がします。JFLは精度が高くないがゆえか、ミスを誘いに個人を潰しに行くことが多いように感じます。その意味で、J1ではとても綺麗なサッカー、エレガントなサッカーをしているように見えました。(これはフロンターレのTMでも感じたことだが。。。)
興行という意味ではエレガントさだけが要素では無いと思うのでいいのですが。私はむしろがむしゃらに点を取りに行くそんなサッカーも嫌いではないです。

たまにはJを見に行って肌で感じるのも悪くないと思った観戦でした。
[PR]
by maskanek | 2009-09-20 22:49