あした天気になあれ


by maskanek

天皇杯と全社

今週末の天皇杯は松本山雅を筆頭にジャイアントキリングが続発した。
Jチームの事情やモチベーションとも絡むところかと思うので、個々の試合でどうこうというコメントはしませんが、下克上的要素がある天皇杯ならではの光景と楽しむこともできるかと思います。
当のJチームにとっては批判されることあれ、擁護されることが少ないので厳しいと思いますが。。。
ゼルビアもJ2に上がったら追われる立場になるわけで、追う立場の天皇杯も楽しんでおきたいです。来年に期待します!

来週には5日連続の全社が始まります。今週天皇杯があって、来週も試合があるのが、
松本山雅、福島ユナイテッド、レノファ山口、カマタマーレ讃岐、ツエーゲン金沢、沖縄かりゆし
といずれもJを目指しているチーム。その意味では健闘しているといえるかと。
ただ、このうち地域決勝のキップを持っているのはレノファ山口と沖縄かりゆしの2チームのみ。
あとの4チームは全社で優勝またま準優勝しなければならない。
まさにどのチームも生きるか死ぬかで望んでくる。
その中で、天皇杯はかなりのボディーブローだと思います。
もちろんモチベーションを保つのに有利に働くチームもあれば、毎週の厳しい試合+移動で疲弊してしまうチームもあるかと思います。
ここを抜けてきたチームはかなりのチーム力を持っているチームだと言えます。

天皇杯の勝ちあがりはチームとして知名度を上げるのにいいことだが、最終目標であるJFL昇格を手にできないことには元も子もない。
厳しい試練を乗り越えてどのチームが最終キップを手にするのか。楽しみな戦いが始まる。
[PR]
by maskanek | 2009-10-13 15:49