あした天気になあれ


by maskanek

来期のライバルを減らす?

今週末のソニー仙台戦は北九州と鳥取にとっても重要な一戦となることは前のブログにも書きました。
今期のゼルビアには関係無い、勝利あるのみと。

他の方のブログを見ていると、ゼルビアにとっては強豪チームが抜けることで、来期のライバルを減らしたいところと指摘がある。

どうだろう?
Jリーグ昇格とJリーグで上位を狙うチームになるためには?

J2枠が22チームまで拡がることになっている。残りの椅子は4つ。これが埋まると入れ替えの過酷な現実が待っている。J昇格チームは経営基盤の強化とチーム力UPのための体力作りが一年でも早く実行できる。(現在のJリーグチームを見ていると実行性に疑問があることは否めないが)
これを考えると一年でも早い昇格がJリーグ降格危機回避の効果的手法に思える。

今年2チーム昇格して、残り2枠を4〜5チームで争うのと、4枠を6〜7チームで争うのではどちらが有利か?
確率論からいえば4枠を争う方がたやすいことになる。

また、再来年にゼルビアがJリーグ昇格を果たすためのハードルは何か?を考えた場合、観客動員数であることは疑う余地が少ないだろう。

そう考えると、JFLに準加盟チームが多いほど観客動員数が増えると考えられる。

そんなもろもろな事情から、来期のライバルを減らすことが効果的ではないということになってくる。

むしろ、Jリーグを目指す地域リーグチームの昇格が無いことの方がよっぽど手っ取り早い。

ま、そんな他力本願的思考は町田らしくないので、自分達の道は自分達で切り開こう。

ということで、日曜日のソニー仙台戦は3-0での勝利をお願いします。
[PR]
by maskanek | 2009-11-06 21:20