あした天気になあれ


by maskanek

ゼルビスタのプレゼント

昨日、ゼルビアから封筒が届いていた。中に会報と来年のゼルビスタの申し込み用紙が入っていた。
今年は夫婦でペアゼルビスタに入って、シーズンチケットを購入した。

来シーズンは平均観客動員数3000人を確保しなければならない。今年を考えると結構ハードルの高い数字に思える。
ただ、来年のゼルビスタの特徴として観戦招待券が付いてくること。これはなかなかよい。
ゼルビスタの多くが実はシーズンチケットを買っているのではないかと想像している。とすると観戦招待券はそのまま友人や家族の勧誘ツールになる。
この「勧誘ツール」が結構重要で、ゼルビアの話を日々することがあっても、観戦の楽しさを伝えても、サッカー観戦したことが無い人に有料のサッカーの試合を見に来てもらうきっかけを作るのは難しい。
有料のチケットを押し付けるのもなんか違う。そんなとき招待チケットが活躍する。

さらに考えているのが、ゼルビスタのプレゼント。

特にジュニアゼルビスタ。500円と格安な上、会員証提示でホームゲーム無料入場。なんとシーズンチケット付きです。
世の中のお父さん、お母さん、おじいさん、おばあさん、クリスマスプレゼントに、お年玉袋にこっそりしのばせて。
など、プレゼントにできるのではと思います。
これで、集客がUP。

フロントの方にはジュニアゼルビスタに大人の無料招待券を4枚くらいプラスした、ジュニアゼルビスタ・プラスを作ってほしいです。出来れば1000円くらいで。
これで、完全にプレゼント用にできます。

クリスマスのおもしろプレゼントとしてゼルビスタ入会権ってのも受けると思います。

さらに作戦その2
今年は芝生席に未就学児(小学校に上がる前の子供)がわんさかいました。
この子たちの分が来場者数にカウントされているかは定かではないのですが、ジュニアゼルビスタ会員として入場すればもちろんカウント1。
ママ友さんにお子さん用のジュニアゼルビスタをプレゼントして野津田に来るきっかけ作りとしてもらうのと同時に集客数UP。フロントとしても無料チケットのバラ撒きではないので懐が痛まない。
未就学児は一人でこられないから、おのずとカウントが2とか3となる。
子供がスタンプラリーにはまってくれたら。。。(子供がはまるスタンプラリー企画を期待しています!小田急さんとかスタンプラリー得意ですよね。共同企画とか。。。)

ただし。。。ゼルビスタのプレゼント、ひとつ問題が。
申し込み時に住所と名前が必要。勝手に他の人の住所を記入するわけにはいかない。
そこでゼルビアのフロントにお願いです!
プレゼント用に会員証と登録用カード(野津田に来た時にゼルビアブースの投函ボックスに入れるのが簡単かな)がセットになって、誰でも買うことができるゼルビスタ・フレンドを作ってください!

この手のがあるとそれこそ、デパートのイベントの景品などにも使えたりしませんかね?

来年はそんな地道な活動をしていきます。
[PR]
by maskanek | 2009-12-22 10:55 | ゼルビア