あした天気になあれ


by maskanek

<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

新宿西口

新宿駅西口改札を出たすぐ左側に小田急のデジタルポスターがある。
ここにゼルビアが掲載されてます。

カラーの写真が何枚かフラッシュで出てきて、最後に準加盟チーム、ゼルビアというのと、倍増計画第3弾の告知。
a0134913_2155724.jpg

a0134913_2155770.jpg

a0134913_2155756.jpg

さすがに日本一の乗降客数を誇る新宿駅。認知度アップになると思います。
さすがに立ち止まって見る人はいないでしょうが、待ち合わせ場所に使われることが多い場所だけに、ゼルビアのファン層拡大には効果があるのではないでしょうか。
特に若い人が多い新宿ですから、期待できます。

なかなか肩入れはできないのかもしれないですが、「小田急がバックアップしているサッカーチーム。Jリーグ昇格へあと一歩。」というアピールができれば、小田急利用者の関心を引くと思います。

2011年昇格に向けて、時間があるようで、実際はそれほど余裕は無いと思う。今から全力で行く姿勢は評価できる。

がんばれゼルビア!
[PR]
by maskanek | 2009-09-30 21:05 | ゼルビア

倍増計画第3弾

今期のJFLの試合も残すところ後7戦。
ゼルビアの力を証明する機会も今年あと7回。

来年に向けて倍増計画も引き続き実行です。ということで、恒例の中吊り大賞。
a0134913_22411332.jpg

早いもので野津田で勝利を味わえるのも後3回なんですよね。
今週末のホンダロック戦は爆勝よろしくお願いします。
[PR]
by maskanek | 2009-09-29 22:41 | ゼルビア

ジェフリザーブズ戦

日曜日は2度目のアウェー観戦を計画していた。しかし、シルバーウィークの工房作業が思うように進まなかったことと、娘が金曜日の夕方から熱を出してしまったことがあり、断念。

試合はネットの速報を待つのみ。。。0-0だとどんな試合だったか分からないので、なんとも言えないですが。
オフィシャルの試合レポートを読んで、なんとなく想像できそう。
今回のように攻めているのに得点にならずドローというパターン何度も見ている。運なのか?
それも御給や山腰が出場しているのに。ってところが気にはなるが。相手のディフェンスが良かったのかもしれないので、次に期待ということにします。

で、次は今週末のホーム。楽しみにしています。ホームだからといって臆することなく、爆発して欲しい。3点でも4点でもいいんだよ。

ゼルビアの試合から遠ざかること数週間。
娘よ、当日熱をだしたりしないでね。

今回悔やまれるは、柏木選手が出場したのに見れなかったこと。
野津田のピッチに立つことを期待!
[PR]
by maskanek | 2009-09-28 13:47 | ゼルビア

残念ですが、賢明な決断

「私たちFC町田ゼルビアは、2010年度のJリーグ入会に向けた本加盟の申請を行わないことを決定いたしました。」ゼルビアオフィシャルより。

長崎が入会断念の決断をしたときにゼルビアも状況は近いものがあると思っておりましたが、正式に発表されました。
残念ですが、フロントは賢明な判断をされたと思います。
この判断をするのはフロントにとっては大変苦しいものがあったと思います。
サポーターの力が足らなかった部分ももちろんあります。

サポーターとしてはこの判断を率直に受け止め来年に向けてやるべきことを実行するしかないと思います。
あえて、なぐさめの弁は書きません。来年、Jに昇格したときに笑い話として語りたいと思います。

フロントの発表にもあったように、まずは今年4位以内に入りゼルビアの実力をアピールするのも、昇格プランの大きな助けになると思います。

今年のJFLの残りの試合、全勝で1つでも上位で結果を残すよう、サポーターとしても頑張っていきたいと思います。

ゼルビアの歴史の中でこの決断が評価されることを願いつつ、サポーターとしてできるアクションを実行していきます。
[PR]
by maskanek | 2009-09-25 22:12 | ゼルビア

さあジェフ戦

連休はゼルビアのTM3戦組まれてましたね。TMはあまり勝ち負けにこだわらないぶん安心して見られるので好きです。
今回はバラエティーに富んだ相手でしたね。Jのチーム、地域リーグ参戦チーム、大学チーム。
JFLでの戦いの準備って大変ですよね。しかし、この多様性がJFLの面白さなんでしょうけど。

次の試合は日曜日のジェフ戦。気を引き締めて勝利あるのみです。

少し早いですがホームのホンダロック戦の吊り広告が今週からありました。掲載期間を長くしてもらえるように小田急さんにお願いしたのでしょうか。
a0134913_12413890.jpg

あと、オフィシャルに柳崎選手の負傷について出てましたね。今期の残りは厳しそうですが、しっかり直してまたピッチで暴れてください。
[PR]
by maskanek | 2009-09-24 12:41 | ゼルビア

天皇杯1回戦の松本山雅

松本山雅がFC刈谷に1-0で勝ちましたね。
アルウィンでの浦和レッズへの挑戦権を得ましたね。
この試合も楽しみです。何が楽しみかって、アルウィンが赤と緑で2分されるのではないかということ。
地域リーグ所属のチームでいかにホームとはいえレッズとためを張るチームは他にいません。JFLでもいないでしょう。
結果より、状況が楽しみです。次回のレッズ戦は10/11です。

こんな松本山雅ですが、来年JFLに上がってくるのかな?上がってくると面白いんですが。

ゼルビアもアルウィンと観客3,000人くらいそっくりもらいたい。
[PR]
by maskanek | 2009-09-20 23:35

J1とJFLの違い

午前中にゼルビアの練習試合を見て、午後に鎌倉支部長と日産スタジアムでマリノス対アントラーズ戦を見に行った。
1年ぶりのJリーグ、やはり観客が多い。特に若い人の多さが目に付く。ゼルビアはファミリーと割と年配の方が多いように思う。もちろん、町田としてファミリーや年配のサポーターは基礎なので重要なのだが、もう少し若者サポーターを増やす努力も必要だと感じた。
若者が多いと応援の勢いが違う。

どうだろう、町田は大学が多いのだから、大学生へのアピールをもっと増やすのは。もしくは大学生に対して学割じゃないですが、1名分の料金で2名入場できるスペシャルチケットを発行するとか。。。

話がそれましたが、まずは、「箱」がやはり素晴らしい。
日産スタジアム、キャパシティについては言うことは無いが、それだけにとどまらない。行ってびっくりしたのが、赤ちゃん休憩室があったこと。
2万人も入場者がいれば、赤子連れの観客もいるわな。(我々も赤子連れだったが。)赤ちゃんを遊ばすスペース、授乳スペース(これは微妙だったが)、オムツ替えスペースなどがあり、10人以上の赤子が遊んでいた。この手の配慮は素晴らしい。

次に、久しぶりに見に行ってびっくりしたのは、試合の最中に審判がファールを取ったときに、電光掲示板に「今のホイッスルはオフサイドでした」と掲示されたこと。この掲示の難しさはあると思いますが、あまりサッカーを知らない人でも分かりやすいのではないだろうか。関心しました。

試合はというと、前半早いうちにマリノスが1点リードして、それから2分くらいですかさずアントラーズが同点にして、前半の20分くらいだったかマリノスが豪快なミドルシュートで2-1とすると、前半はこのまま終了。
後半に入って、アントラーズ有利な感じだが、一進一退の攻防。残り20分くらいからマリノスは守りを固める。
ただ、アントラーズの攻撃のアイデアが無い。まるで前期のゼルビアを見ているみたいだった。マリノスからすると攻撃が怖くない。中盤もしくはDFからロングフィードの投げ込みばかり、さすがにJ1こんな攻撃に対してミスはしない。マリノスがきっちり守りきり、2-1でマリノスの勝利でした。

一応、マリノス側で観戦していたので勝利を味わうことができました。
いや~、実に楽なサッカー観戦でした。ゼルビアだと勝ったとしてもこうはいかない。

最後に、Jリーグのチーム(試合)とJFLの違い、大きくはないのですが、やはり精度の違いでしょうか個人を潰しに行くことがJの試合では少ない気がします。JFLは精度が高くないがゆえか、ミスを誘いに個人を潰しに行くことが多いように感じます。その意味で、J1ではとても綺麗なサッカー、エレガントなサッカーをしているように見えました。(これはフロンターレのTMでも感じたことだが。。。)
興行という意味ではエレガントさだけが要素では無いと思うのでいいのですが。私はむしろがむしゃらに点を取りに行くそんなサッカーも嫌いではないです。

たまにはJを見に行って肌で感じるのも悪くないと思った観戦でした。
[PR]
by maskanek | 2009-09-20 22:49

フロンターレとのTM

昨日、フロンターレとの練習試合を見に行った。

観客は200名くらいいたかな。結構集まっていた印象。
ゼルビアはスタメンメンバーで構成されていましたね。相手は。。。わからないですが、トップメンバーではなかったことは確か。中村憲剛とかいませんでしたので。。。(^^; その程度の知識です。

サテライトメンバー?とはいえさすがに相手はJ1チーム。しかもプロ選手、個人の精度が違いますね。
ボールの支配は少しフロンターレの方が上回っていたかな。それでも結構いい試合していました。

途中何度か小競り合いがありました。。。気持ちは分かりますが、ここは練習試合、いつもゼルビアの試合を見に来ない川崎地域の方も来ていますので、ゼルビアのサッカーと姿勢を見られていることを忘れずに。

結果は2-2でしたが、惜しいヘディングシュートや相手1点はオフサイドぎみ、もう1点は早いリスタートからの速攻。うまい形を作られての失点ではなかったところはよかったのかと思いますが、早いリスタートからの失点は意識の問題ですので、緊張感を持って望んでいれば防げた失点ですね。
ゼルビアの得点はサイドからまん中で受け、最後に山腰がフィニッシュ。なかなかいい形の得点でした。
2点目はこれもサイドからゴール前にあげて、御給のヘッド。きれいに決まった。
ゴールの時の声援はゼルビアの方が多いように感じました。観客はゼルビアファンの方が多っかたのかも。

前半は
御給、飯塚、酒井、石堂、大前、大江、津田、斉藤、深津、雑賀、修行
後半は
飯塚->山腰、大江->金、雑賀->中川、修行->渡辺

気候も穏やかで、とても気持ちよく練習を見れました。

ちなみに、後半、ピッチの端で修行選手が練習をしていました。目の前で見ていたのですが、キーパーって結構激しい練習をするんですね。

そうそう、安孫子先生が来てたので、そのうちオフィシャルに載ると思います。
[PR]
by maskanek | 2009-09-20 08:14 | ゼルビア

東京ヴェルディ

日本テレビが東京ヴェルディの経営から身を引く問題で、新しい持ち株会社への譲渡承認がJリーグから認められましたが、厳しい条件つき。
11月16日までに5億4千万円のスポンサー収入を確保できなければ、今期でJリーグ退会となってしまう。
このご時世、5億を超えるスポンサー契約を取るのは難しいかと思いますが、どうなるのか。。。

この決定を受けJリーグの鬼塚チェアマンは退会となってもJFLや地域リーグという道も残っていると。。。
もし、退会となったらはたしてJFLにスライド降格となるのだろうか?まさか地域リーグ決勝にJFA推薦枠で参戦?これは無いか。

JFLとしても今後J2が22チームになった後、J2との入れ替えがスタートすることになるが、この試金石にもなるのか?
いや今年はかなり条件が異なるかなぁ。

通常はJFLの地域リーグ入れ替え規定で17位と18位が無条件降格、16位が入替え戦となる。
もし、JFL所属のJ準加盟チームのJ昇格が無く、ヴェルディがJFL参戦が認められた場合、これが変わってくることになる。
どうなるのか?
どうでもいい想像をしてみる。。。

①JFLの16位、17位、18位が無条件降格、15位が入替え戦:地域リーグ決勝の1位、2位が無条件昇格、3位が入替え戦
②JFLの17位、18位が無条件降格、16位、15位が入替え戦:地域リーグ決勝の1位が無条件昇格、2位、3位が入替え戦
③JFLの17位、18位が無条件降格、16位が入替え戦:地域リーグ決勝の1位が無条件昇格、2位が入替え戦
④どこかのチームがJに上がるまで、19チームでJFLを構成

①、②だと現JFLチームへの影響がありますね。下位チームが戦線恐々となりそう。②、③だと現地域リーグチームに影響があります。(狭き門になる)
④だと運営が難しくなる?

落としどころとして④で、翌年の規定として①から③のいずれかになるのかな。

こんなことを考えてみても、1チームでもJに上がれば、無駄な考えになるし、ヴェルディがJに残れれば考える必要の無いこと。

ゼルビアが紹介されるときに言われる「東京で3番目のJリーグチームを目指している。。。」というくだり、変わってしまうのだろうか。
それよりも、第二のヴェルディが出ないとも限らないよな。
Jでやっていくのは難しさをつくづく感じますね。。。

そんな戯言でした。
[PR]
by maskanek | 2009-09-18 13:44 | ゼルビア

松本山雅

ゼルビアが地域リーグにいるころから気になっているチーム、松本山雅。
ゼルビアは天皇杯の東京都予選で残念ながら敗れましたが、明日から1回戦がはじまりますね。
そんな状況ですので、天皇杯は軽く気にしつつ。。。という感じでしょうか。

その中でも、松本山雅vsFC刈谷戦は注目の一戦です。
松本山雅は地域リーグの勇で、昨年も天皇杯本選で湘南ベルマーレを破って4回戦まで進んでいます。
EPSONを胸スポに持ち、アルウィンというサッカー専用のホームを持っているチームでJFLに上がれば、すんなりJ準加盟となりそうなチームです。
このチームがJFLで戦っているFC刈谷との一戦。力的にはFC刈谷が一枚上かと思いますが、山雅もホームの利がありますし、地域リーグとはいえ5000人のサポを集められるスーパーチームです。刈谷もガチで行かないと簡単に勝てる相手ではありません。
しかも、この試合の勝者が同じくアルウィンで浦和レッズと対戦できるとあれば、山雅は目の色変えて望んでくると思います。

その意味で興味深い一戦です。見に行けないが、見に行きたい。。。
千葉の全社を見に行こうかな。。。
[PR]
by maskanek | 2009-09-18 12:48 | ゼルビア