あした天気になあれ


by maskanek

<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

判明

ホーム戦は娘と家族3人でゼルビアを見に行っていた。
娘は2歳だから見に行きたいという意思は無いものの、相方はそれなりに楽しんでいると思ってた。

ところがどうも旦那に付き合わされていると。

知らなかった。ゼルビアのサッカーってそんなに魅力の無いサッカーかな?
[PR]
by maskanek | 2010-11-15 21:05

BB秋田戦

昨日は麻溝でブラウブリッツ戦でした。
麻溝に行くのは初めてです。土曜日に、隣接の公園にはポニーがいるとか、駐車場はどこにあるか等下調べをしました。

駐車場までは比較的スムーズに行けたのですが、12時30分には駐車場がほぼ満車でした。
何とか車を停めて、競技場まで歩いて行きました。我々が停めた駐車場は競技場まで一番遠いところだったので10分以上歩いたかな。次回は考えないと。

麻溝競技場はさすが立派です。バックスタンドが改修中でしたが、完成したら素晴らしいスタジアムになるでしょう。

さて、試合ですがゼルビアも悪くないのですが、BB秋田がなかなかいいサッカーをします。全体としては互角の試合をしていたと思います。

ゼルビアも決めきれないシーンがありましたが、秋田もまたきめきれず。
吉田選手のファインセーブもあり、何とか無失点に。後半30分頃からの猛攻にはヒヤヒヤしました。

結果はご存知、1-0で勝利。久しぶりに相馬監督のインタビューを聞きました。

帰りに屋台村に寄ってソーセージを買ったら、ガッツリおまけしてくれました。ありがとう。。。

娘はまだ、終了後のふれあいサッカーには参加出来ない年齢なので、隣接公園内にあるふれあい動物園に行きました。ただ4時で終了となってしまったので少ししか見られませんでした。
[PR]
by maskanek | 2010-11-15 10:22

アルウィン

a0134913_10152420.jpg

どのくらい前の話だったか。松本山雅との試合。。。

ってまだ1週間経ってないんですよね。
今週は特に忙しく、めちゃめちゃいいウイスキーをがぶ飲みして余韻を味わわずに、牛丼かっこんでる感じです。
あ〜、何てもったいない。もっと余韻を楽しみたかったなぁ。

しかしアルウィンは雰囲気といい、見やすさといい素晴らしいスタジアムでした。
スタジアムのスタッフも丁寧で優しかった。
ゼルビアユニを着ていた我々に「遠くからありがとうございます」と挨拶してくれた。

試合は。。。勝又選手の2ゴールに鳥肌が立ちました。勝ったということもありますが、とても好感の持てた観戦となりました。

アルウィンで聞く山雅サポの応援は凄いです。さらにアルウィンは応援の声がとても響く気がしました。

また行ってみたいスタジアムです。
[PR]
by maskanek | 2010-11-12 10:15

松本山雅に引導を渡しに

土曜日は乗り込みます!アルウィンに。

前期、大挙して野津田に乗り込んできた山雅サポに敬意を払いつつ、引導を渡してきましょう。
それがゼルビアにかせられた使命です。

緑のJ2チームを破ったんです、緑のJ2になろうというチームも破りましょう。

引導を渡した後、はたして無事に町田にまで帰って来れるだろうか?

凄いんだろうなアルウィン。。。期待と不安。
[PR]
by maskanek | 2010-11-02 01:01

横河武蔵野戦

う〜ん、正直いろいろな面でぎりぎりなのだろうか。

試合を見ていて、パスの出し先に困って、それで奪われるシーンや早いプレッシャーに取りあえず出したパスをカットされたり。。。
これってゼルビアが得意とするパターンじゃなかったか?
それだけ相手も研究しているということか。
そんなしっかりしたチーム、しっかり対策を持ったチームに、いつものゼルビアの試合をすればと 望んだのならこの敗戦は必然だったか。

新潟以来の観戦だったが気持ちの入り方がだいぶ違って見えた。

2位をキープするにはハードルがいくつもありそうです。

我々サポもあの人数ではまだまだだな。何か今のゼルビアをそのまま写しているようで寂しい。もっと頑張らなければ。

あと、西ヶ丘の運営について。
ホーム自由席の冷遇ぶりったら。。。
メインのゲートに着いたら、正反対の入口になりますと一言。案内板もなし。
さらにベビーカーはメインゲートのみの預かり。
それだけゲートが離れているならゼルビア側でも預かって欲しい。
本蓮沼からベビーカーで歩いて来たとしたら最悪ですよ。
ゼルビアは子連れが多いのですからお願いします。

いつものように頑張っていたのはゼルビー。残りのホーム戦、頑張ってもらいたい。

なんかこのもやもやを吹き飛ばすためにもFINESでも呼んで、もりあげてみてはいかがか。
[PR]
by maskanek | 2010-11-01 10:18